吉田輝星選手と大友選手の侍ポーズが気になったので調べてみました。

吉田輝星選手は3速ギアやストレートがホップすると言われているので検証してみました。

ドラフト候補にもなっている吉田輝星選手を探ってみましょう。


吉田輝星選手と大友選手の侍ポーズとは?

吉田輝星

吉田輝星選手と大友選手は1回と9回に行う侍ポーズがあります。

侍ポーズとは、じゃがんで刀を抜く仕草をやるようです。侍ポーズをやっている動画は見つかりませんが試合で確認してみるといいと思います。

侍ポーズは遊び感覚でやるみたいですが、吉田輝星選手のルーティーンということですね。

吉田輝星選手は普通に投げれば150キロは出せるようなのですごいピッチャーです。吉田輝星選手に150キロ以上出されたら高校生が打つのは難しいと思います。

吉田輝星の球速や球種は?彼女は金足農業高校にいる?イケメン画像

吉田輝星投手のストレートの3速ギアやホップとは?

吉田輝星投手のストレートは3速ギアあると言われています。

3速ギアというよりは3段階のストレートといっていいと思います。

第1段階は「キレを意識したストレート」、第2段階は「ストレートのスピードを少しあげて、浮き上がるボール」、第3段階「思いっきり投げるストレート」の3速ギアになります。

吉田輝星投手のストレートは音によって好調か不調かがわかるようですね。好調のときは「シー」とういう音。不調のときには「ゴー」という音だそうです。

吉田輝星投手のストレートは想像以上にホップすると言われています。以下の動画を確認するとストレートがホップするように伸びているような感じがします。

2試合連続で2ケタ三振合計27個を取っているので想像以上にすごいストレートなのでしょう。テレビで見ていても重たそうなストレートだと感じてしまいます。

大垣日大戦では9個も見逃し三振を取っているので際どいコースだったので見逃し三振も多くなったと思います。


スポンサーリンク

まとめ

吉田輝星選手の侍ポーズは、じゃがんで刀を抜く仕草をやることでした。

ストレートは3速ギアで使いこなしてバッターを打つ取っているので高校生ではなかなかできないと思います。

吉田輝星選手のストレートはホップするような感じなのでバッターは打つことは難しいのでしょう。