金足農業高校の吉田輝星投手の球速や球種について紹介します。

2018年夏の甲子園では秋田代表として出場しますが、彼女は金足農にいるのでしょうか。イケメンでもあるのでモテるでしょうね。

ドラフト候補でもあるので甲子園での活躍が期待されますね。


吉田輝星選手(金足農)の球速や球種

吉田輝星

金足農の吉田輝星選手の球速はMAX150キロ、球種はスライダー・カーブ・スプリット・ツーシームになります。

吉田輝星選手は甲子園の予選前には147キロでしたが、秋田北鷹戦で球速が自己最速の150キロを記録しました。

秋田予選で3キロ上がっているので、甲子園でも球速が150キロがみれるかもしれないですね。

吉田輝星と大友の侍ポーズとは?ストレートの3速ギアやホップとは?

プロ注目右腕の初登板だったが、この日は2球団のスカウトしか集まらなかった。すでに評価済みという事もあるし、この試合は勝ちあがると踏んでいたのかもしれないが、視察をした北海道日本ハムの白井スカウトは「投手としてのセンスが高い。桑田さん的なタイプ」と中尾氏と同じ評価をし、「春より直球の質が上がった。北東北、北海道の高校生で一番」と担当の北東北と北海道の中でNO.1投手と評価をした。

吉田輝星選手は投手としてのセンスがあり、直球の質が上がっていて北東北、北海道ではNo,1投手と評価されています。

秋田大会決勝の試合を見るとストレートの質や変化球のコントロールが抜群です。決勝では11個の三振を取って4安打完封もしています。

これだけのピッチングができれば甲子園でもなかなか打つのは難しいと思います。

ドラフト候補

吉田輝星選手は侍ジャパン高校代表の1次候補でもあります。秋田大会では全試合を1人で投げきって43回で57個の三振を奪っています。

投球回数を上回る三振を奪っているので直球や変化球のキレがすごいのでなかなかあたらないのでしょう。以下の記事では評価されています。

桑田級と書かれていたり元巨人の仙台北上の中尾監督がセンスがずば抜けいると絶賛しています。

金足農は初出場した準決勝ではKKコンビに2-3で敗れているので目標は4強を超えることだそうです。

プロ注目の投手なので甲子園ではスカウトがたくさん来ると思うので活躍できればドラフト上位候補になりそうです。

甲子園ナンバーワン投手との呼び声もあるので期待できると思います。


スポンサーリンク

彼女は金足農業高校にいる?イケメンだからモテる?

吉田輝星選手の彼女については情報がないのでいないと思います。

金足農業高校の有名人と言えば佐々木希さんになりますね。佐々木希さんは超かわいいですよね。金足農業高校は美人や可愛い女性がたくさんいるのでしょうか。

吉田輝星選手はイケメンなので彼女はいてもおかしくはないと思いますが、野球に専念していると思うので今はいないかもしれませんね。

甲子園で活躍してプレーだけではなくイケメンもアピールしてほしいですね。

父親・母親・弟

吉田輝星選手の父親も金足農の卒業生で野球をしていて活躍しているようです。

父親もピッチャーで活躍していたようなのでお父さんに憧れて吉田輝星選手も入学したのでしょう。

お父さんが果たせなかった甲子園に投手として出場するので応援に来るのかもしれないですね。

弟はいるようですが、お母さんについては情報がありません。

吉田輝星選手の動画まとめ


まとめ

金足農業高校の吉田輝星選手の球速はMAX150キロで球種はスライダー・カーブ・スプリット・ツーシームになります。

金足農業高校に彼女がいるかはわかりませんが、イケメンなのでモテるでしょうね。

甲子園ではベスト4を超える活躍をみせてほしいと思います。