西川僚祐選手は清宮幸太郎選手を超えるのではないかと言われています。東海大相模でも1年生で4番を打つ強打者なので将来的に期待されています。

進学先が大阪桐蔭ではない理由やドラフトでは1位候補になる可能性はあるのでしょうか。

出身中学校や小学校、身長、体重なども気になったので調べてみました。


西川僚祐選手の進学先が大阪桐蔭ではない理由とは?

西川僚祐の進学先が大阪桐蔭ではない理由

西川僚祐選手の進学先が大阪桐蔭ではない理由を確認してみましょう。

西川僚祐選手は中学生の甲子園大会のジャイアンツカップの決勝で対戦しています。

その時の対戦相手は現在大阪桐蔭高校に進学している仲三河優太選手です。

ジャイアンツカップでは、西川僚祐選手の佐倉リトルシニア(千葉)が優勝しています。

なぜ進学先を大阪桐蔭を選ばなかったのか検証してみると千葉県出身ということすぐに実家に帰れるので東海大相模を選んだのではないかと思います。

大阪桐蔭は大阪にあるので簡単に帰省することは難しいのである程度近い高校で野球の強豪校なら東海大相模が良さそうですね。

日大三高や横浜高校など関東には野球の強豪校がたくさんありますが、東海大相模には強打者の森下翔太選手がいるので進学先としての理由かもしれませんね。

西川僚祐選手は、全国にある強豪校に行ってもスタメンを勝ち取ることができる素質があるので期待ができますね。

大阪桐蔭との練習試合でも1年生ながら4番を打っていました。東海大相模の1年生で4番を打っていることが本当にすごいことです。

出身中学校・小学校はどこ?

西川僚祐選手は出身中学校は、船橋市立古和釜中学校ではないかと言われています。

なので小学校も船橋市立古和釜小学校ではないでしょうか。

中学校時代は佐倉シニアで野球をしているので船橋からならある程度通いやすそうですね。

小学校時代も主将で薬円台リトルスターでプレーしていましたね。

ドラフト1位候補の可能性は?進路先はどうなる?ホームランのすごい動画

西川僚祐選手は高校に入学したばかりなので進路の話は早いと思いますよね。

しかし、西川僚祐選手は小学生時代のには薬円台リトルスターと中学生時代の佐倉シニアで優勝しています。

薬円台リトルスターでは主将もやっていますね。

8回出場して3回も優勝している名門チームで佐倉シニアではジャイアンツカップで優勝してホームランも打っています。しかも、東京ドームでのホームランは逆方向に放っているのですごいパワーです。その時の動画です。


西川僚祐選手は、清宮幸太郎選手を超える可能性がある怪物スラッガーになるかもしれないので、高校での活躍でドラフト1位候補になるでしょう。

進路先は、プロ野球か大学になりますが、東海大相模でも1年生から4番を打つことができる実力なのでプロ野球に進んでも活躍ができそうです。

甲子園の夏の神奈川大会でも場外へのホームランを打っています。

西川僚祐選手の身長や体重

西川僚祐選手の中学生のときの身長は186cm、体重は95kgです。

今は高校生なので身長は伸びて体重は増えていると思います。

まだ、高校1年生なので高校3年生までには190cm、100kg以上になっていそうですね。

まとめ

西川僚祐選手の進学先が大阪桐蔭ではない理由は、実家がある程度近いので東海大相模を選んだのかもしれません。

進学先が大阪桐蔭だったとしてもレギュラーになっていたと思います。

まだ早いですが、高校での活躍によりドラフト1位になる可能性は十分あるでしょう。

出身中学校は船橋市立古和釜中学校、出身小学校は船橋市立古和釜小学校の可能性があります。

中学校の時の身長は186cm、体重は95kgになりますが、高校生でさらに伸びていきそうですね。