2019年2月12日に水泳の池江璃花子選手が白血病であることを報告しました。

2020年に東京オリンピックを控えているので心配になってしまいます。

池江璃花子選手の白血病の治療や入院した病院はどこなのか、現在の状態や進行具合は大丈夫なのでしょうか?


池江璃花子選手の白血病の治療や入院した病院はどこ?


水泳の池江璃花子選手はオーストラリアから帰国し検査を受けた結果、白血病ということがわかりました。

池江璃花子選手は白血病の治療をした病院はどこなのか探してみましたが、現在は病院名まではわかっていません。

池江璃花子選手の実家は東京の江戸川区なので都内の病院だと思います。

「東京 病院 白血病」と検索すると東京歯科大学病院が出てきます。

どこの病院で治療や入院しているのかわかりませんが、早く治ってほしいと思います。

池江璃花子選手の現在の状態や進行具合は?

池江璃花子選手の現在の状態は、白血病の初期症状ではないかと思われます。

オーストラリアで合宿していたくらいなのでそれほど進行していないのではないでしょうか?

白血病は長期的に治していく病気なので数年はかかってしまうこともあるようです。。白血病は再発する可能性もあるということなので大変です。

東京オリンピックに出場することは難しいようですが、進行初期ということなので間に合う可能性とかあるのでしょうか。

記者会見では急性か慢性なのかは公表されませんでした。

東京オリンピックの金メダル候補だったのに非常に残念ですね。

東京オリンピックの次のパリには出場できるように早めに治してほしいと思います。


スポンサーリンク

池江璃花子選手はオーストラリアの合宿から体調の異変に気づいたようです

池江璃花子選手はオーストラリアの合宿では体調が悪くなったようです。

それまでは疲れているので記録が伸びないと思っていましたが、検査して白血病がわかったようです。

2019年1月の大会でもバタフライの自己ベストとかなりのタイム差があったのでその時から体調はおかしかったのかもしれません。

通常の生活では白血病を発見できなかったのではないかと言われていました。

オーストラリアの合宿では肩で息をしていたのでおかしいと思っていたようです。

みんな白血病になるなんて思ってもいなかったようですね。

本人は前向きのようなのでサポートして早期復活を期待したいと思います。

池江璃花子選手のSNSでのコメント

SNSでのコメントでは

  • 治療に専念してほしい
  • 病気に負けないでほしい
  • 早く良くなるといいな
  • みんな早く白血病を治して復帰してほしいと願っています。

    いつまで入院することになるかわかりませんが、早期発見できたのは本当によかったですね。

    まとめ

    池江璃花子選手は白血病ということが発表されました。

    池江璃花子選手が治療や入院した病院名はわかっていません。

    現在の状態や進行具合についても記者会見で答えていましたが、現在の病気の詳細までは発表されてません。