第96回箱根駅伝の優勝候補や往路・復路の順位予想、注目選手を紹介します。

2020年に箱根駅伝に出場するチームをもとに総合順位予想と戦力分析しています。

前回大会は東海大学が優勝して、青山学院大学の連覇は4で途切れました。今大会は東海大学が連覇するか注目が集まります。


箱根駅伝2020の出場チーム・参加チーム

チーム 出場実績 2019年結果 シード/予選
東海大学 7年連続47回目 優勝 シード校
青山学院大学 12年連続25回目 2位 シード校
東洋大学 18年連続78回目 3位 シード校
駒澤大学 54年連続54回目 4位 シード校
帝京大学 13年連続21回目 5位 シード校
法政大学 5年連続80回目 6位 シード校
國學院大學 4年連続13回目 7位 シード校
順天堂大学 9年連続61回目 8位 シード校
拓殖大学 7年連続41回目 9位 シード校
中央学院大学 18年連続21回目 10位 シード校
東京国際大学 3年連続4回目 15位 予選会
神奈川大学 10年連続51回目 16位 予選会
日本体育大学 72年連続72回目 13位 予選会
明治大学 2年連続61回目 17位 予選会
創価大学 3年ぶり3回目 予選会
筑波大学 26年ぶり63回目 予選会
日本大学 2年連続89回目 14位 予選会
日本大学 2年連続89回目 14位 予選会
国士舘大学 4年連続48回目 18位 予選会
早稲田大学 44年連続89回目 12位 予選会
中央大学 3年連続93回目 11位 予選会
関東学生連合

スポンサーリンク

箱根駅伝2020順位予想!往路・復路の優勝候補・注目選手 1位~5位

箱根駅伝2020優勝予想、順位予想(1位~5位)をしてみました。

  1. 東海大学
  2. 青山大学
  3. 駒澤大学
  4. 東洋大学
  5. 國學院大学

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想1位:東海大学

大学駅伝2020結果

出雲駅伝:4位
全日本大学駅伝:優勝

箱根駅伝2020優勝予想は、連覇を狙う東海大学です。

出雲駅伝では4位でしたが、全日本大学駅伝では優勝しています。全日本大学駅伝では、名取燎太選手、塩沢稀夕選手、市村朋樹選手など新戦力が活躍していました。黄金世代の館澤亨次選手や關颯人選手、鬼塚翔太選手、阪口竜平選手が欠いた状態でした。

黄金世代と全日本大学駅伝の新戦力が加わっているので、層の厚さはナンバーワンです。

山下りのスペシャリストの中島怜利選手がエントリーから外れていることが懸念材料です。

しかし、層が厚いので問題ないかと思います。

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想2位:青山大学

大学駅伝2020結果

出雲駅伝:3位
全日本大学駅伝:5位

昨年も優勝候補でしたが、主力が抜けてしまったので戦力はダウンしています。

出雲駅伝や全日本大学駅伝でも優勝することはできませんが、原監督は箱根駅伝に向けて調整してくるはずです。

今回は5区の竹石尚人選手が登録メンバーから外れています。2017年、2018年と5区で思うような走りをすることができませんでしたが、今回は怪我の影響で出場できません。

また、4年連続で6区の下りのスペシャリストの小野田勇次選手は卒業しています。5区、6区は誰になるのか予想が難しいですね。

キャプテンの鈴木塁人選手、青山学院エース吉田圭太選手、飯田貴之選手などチームの総合力はあります。10000m持ちタイムのチーム平均は東海大学を上回っています。

前回と比べると戦力は落ちていますが、予想順位はトップ3になると思います。

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想3位:駒澤大学

大学駅伝2020結果

出雲駅伝:2位
全日本大学駅伝:3位

箱根駅伝2019年は、ノーシードから4位。出雲駅伝2位。全日本大学駅伝3位と毎回順位は上位です。

前回大会の主力選手が残っているので、箱根駅伝2020でも優勝候補に挙がります。

出雲駅伝と全日本駅伝では、1年生の田澤廉選手が好成績を残してチームを上位に進出させています。田澤廉選手は、高校時代にも日本代表に選ばれたエリートで、世代トップ選手の一人です。出雲駅伝では東洋大学の相澤晃選手と互角に走っていましたね。

キャプテンの中村大聖選手は、ユニバーシアードのハーフマラソン銀を獲得。山登り(5区)と山下り(6区)にも経験者がいるので、強いと思います。

往路に力がある選手を配置して優勝することで、復路も制覇して総合優勝を狙うことができます。

平成の常勝軍団は、令和の常勝軍団と言われるか期待が高まります。

層が厚いので復路も区間上位で走れそうな選手が揃っています。


スポンサーリンク

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想4位:東洋大学

大学駅伝2020結果

出雲駅伝:3位
全日本大学駅伝:5位

箱根駅伝では、11年連続3位と安定しています。出雲駅伝は3位。全日本大学駅伝5位。

2020年の大学生の実力トップの相澤晃選手と山下りのスペシャリスト今西駿介選手、2年連続箱根1区区間賞の西山和弥選手がいます。

西山和弥選手は、出雲駅伝、全日本大学駅伝と本来の調子ではありませんでした。箱根駅伝2020年も1区にエントリーされることが予想されます。2017年、2018年と本来の調子を取り戻せば上位が期待できます。

2区、4区を走ることが予想される相澤晃選手が区間新記録で走ることができれば優勝候補となることができます。

個人的には、前回大会に日本人最高記録の塩尻和也選手の2区の記録を超えることができるか気になります。

相澤晃選手で1分以上の差をつけることができれば面白い展開になることが予想されます。

東海大学や駒沢大学と比較すると層は薄くなるけど、実力ある選手が活躍できれば2020年も上位に進出するはずです。

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想5位:國學院大学

この投稿をInstagramで見る

. 【第96回箱根駅伝壮行会】  本日、渋谷キャンパスにて第96回東京箱根間往復大学駅伝競走の壮行会が開催されました!  平日にもかかわらず、沢山の方々が足を運んでくださりました!ありがとうございました!  また、キャラメルパンチの石井さんが國學院大學陸上競技部公式応援ソング『カギリナイミライ』を歌って下さりました!  前田監督からのコメントでもあったように、第95回大会が終了したその日から往路優勝・総合3位を目標に掲げてぶれずにここまでやってきました。1月2日、3日は、全員で往路優勝・総合3位を掴みにいきます!  #歴史を変える挑戦 #國學院大學 #svolme #箱根駅伝 #駅伝 #三大駅伝 #残り20日 #壮行会 #第96回 #往路優勝 #総合3位 #渋谷キャンパス #キャラメルパンチ #公式応援ソング #カギリナイミライ

國學院大學陸上競技部(@kokudai_ekiden)がシェアした投稿 –

大学駅伝2020結果

出雲駅伝:優勝
全日本大学駅伝:7位

箱根駅伝2019年は往路で3位と上位でしたが、復路では順位を落とし総合7位でした。

前回大会の5区区間賞の浦野雄平選手がいるので、往路では5区で逆転して往路を優勝することもあると思います。

出雲駅伝では初優勝でチームの総合力があることも証明しています。

浦野雄平選手が大きく貯金を作って、他の選手が区間5位以内に入る人がたくさんいれば順位予想を上回るかもしれません。


スポンサーリンク

箱根駅伝2020順位予想!往路・復路の優勝候補・注目選手 6位~10位

箱根駅伝2020優勝予想、順位予想(6位~10位)をしてみました。

  1. 帝京大学
  2. 東京国際大学
  3. 早稲田大学
  4. 明治大学
  5. 中央学院大学

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想6位:帝京大学


帝京大学は、箱根駅伝13年連続出場で前回大会は5位。

総合力が高いチームですが、出雲駅伝、全日本大学駅伝では結果を残すことはできませんでした。

すごい人選手はいませんが、総合力で上位進出は期待できます。

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想7位:東京国際大学


東京国際大学は、箱根駅伝予選会1位。全日本大学駅伝では4位と好成績を残しました。

伊藤達彦選手は、ユニバーシアードハーフマラソンで銀メダルを獲得。箱根駅伝予選会では日本人1位。さらに全日本大学駅伝では区間賞を獲得しています。

イエゴンヴィンセントキベット、ジョンルカムセンビの留学生コンビの活躍でトップ5以内になることもあります。

外国人の一人を1区、伊藤達彦選手を2区で往路では優勝争いになる可能性もありますね。

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想8位:早稲田大学


早稲田大学は、箱根駅伝予選会でもぎりぎりでした。

中谷雄飛選手、井川龍人選手、鈴木創士選手と高校のスターが入学しています。

全日本大学駅伝では1、2年生が頑張って6位となったので、箱根駅伝でも活躍することで上位に進出する可能性があります。


スポンサーリンク

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想9位:明治大学

この投稿をInstagramで見る

明治大学体育会競走部が、箱根駅伝予選会を4位で突破! 2年連続61回目の本戦出場を決めました。 . 2020年1月2日~3日に開催される第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)。その出場校を決める予選会(東京都・陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園)が10月26日、10校の出場枠をかけて行われ、明治大学体育会競走部は4位で箱根駅伝本戦への出場権を獲得しました。 . 会場で応援いただいた皆さま、テレビ中継を通じて明治大学にご声援くださった皆さまに、心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。 . 選手たちは、11月3日に行われる第51回全日本大学駅伝を経て、来年1月2日・3日の箱根駅伝に出場します。引き続き、皆さまからの温かいご声援をお願いします。 . 今回の予選会のより詳細な内容は、大学HPに掲載されています。 https://www.meiji.ac.jp/koho/news/2019/6t5h7p00001y5srp.html . #明治大学 #競走部 #スポーツ #部活 #明大生 #大学 #大学生 #キャンパスライフ #大学生活 #meijiuniversity #tokyo #japan #sportphotography #sport

明治大学 / Meiji University(@meiji_university)がシェアした投稿 –


明治大学は、箱根駅伝予選会4位。全日本大学駅伝は15位です。

明治大学は、注目選手の阿部弘輝選手の走りに結果が変わってくると思います。阿部弘輝選手は10000m27分でチームのエース。東洋大学の相澤晃選手とは学法石川高時代のチームメイトで中学時代のライバルです。

2020年の箱根駅伝2区で対決することになるかもしれません。

箱根駅伝2020優勝予想・順位予想10位:中央学院大学


中央学院大学は、出雲駅伝と全日本大学駅伝では結果は良くありませんでした。

毎年シード権を獲得しているので、10位以内になる可能性は高いと思います。


スポンサーリンク

箱根駅伝2020シード権争い

箱根駅伝2020シード権争いは、順位予想した以外のチームも入ってきます。

  1. 東海大学
  2. 青山大学
  3. 駒澤大学
  4. 東洋大学
  5. 國學院大学
  6. 帝京大学
  7. 東京国際大学
  8. 早稲田大学
  9. 明治大学
  10. 中央学院大学

戦国駅伝と言われているので、どのチームがシード権を獲得するか予想するのは難しいです。

往路で好成績を残すことができたら、復路でも上位に残る可能性が高くなります。

箱根駅伝2020のテレビの放送予定

日本テレビにて2020年1月2日(木)~1月3日(金)の朝7時から生中継で放送されます。