日商簿記検定3級を取得したけど意味ないって聞いたので履歴書に書いていいのか迷ってしまうことがあります。

私も簿記3級を取得していますが、転職活動しているときに悩んでいましたね。

また、簿記3級を履歴書への書き方や正式名称や日付についての注意点も紹介します。


日商簿記検定3級は取得しても意味ない?

簿記3級意味ない
日商簿記検定3級を取得しても意味ないことはないと思います。

日商簿記3級を就活や就職の際に資格欄に記載しても問題はありません。逆に簿記3級なので履歴書に書くと評価が下がってしまうのではと思ってしまうことがありましたが、実際にはそんなことなかったです。

資格としての評価対象になることは難しいと思いますが、面接での話のネタとなります。簿記3級の後に簿記2級、簿記1級など別の資格を取得を考えている場合にはアピールすることができます。

経理などの事務職を受ける時には簿記2級までは取得しておいたほうが良いと思いますが、時間などの関係で取得できずに就職する場合には今後上位資格を目指していますと話すことによりアピールできます。

簿記2級持っているからといっても、実務とは全然違うので必ず取得しなければならないことはありません。

実際に転職してみるとわかりますが、簿記の資格を取得していないで働いている人もたくさんいます。

日商簿記3級は意味ないことはありませんが、アピールポイントとしては難しいと思います。

日商簿記3級の履歴書の書き方や正式名称は?

簿記3級転職
日商簿記3級の正式名称は、「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」です。

商工会議所の検定試験は日商簿記、販売士、日商PC、日商ビジネス英語、そろばん、電子会計実務、DCプランナー、キータッチ2000、ビジネスキーボード、日商マスターがあります。

その中でも日商簿記の知名度が非常に高く、転職や就活などに有利とされています。全経簿記能力検定試験や全商簿記実務検定試験がありますが、日商簿記が一番人気なので受験者数も多いです。

日商簿記と全経簿記の難易度を比較すると日商簿記の方が難しいことが多い印象ですが、簿記の試験ということでは同じなので共通している点はあります。

試験の時期も近いので日商簿記と全経簿記をダブル受験している人もいます。傾向は違うので対策は必要となります。資格を取得するモチベーションにはなるので両方受験するのも良いと思います。

履歴書の書き方は「日本商工会議所簿記検定試験3級」になります。「日商簿記3級合格」と書かないように注意して下さい。日付は合格証書にある年月日を書くようにしましょう。

履歴書に間違って書いてしまうと「履歴書はまともに書けない」と思われてしまうことがあります。履歴書の間違って書くくらいなら書かないほうがマイナスにはならないと思います。履歴書には正式名称で、正確に記入するようにしましょう。


スポンサーリンク

新卒なら簿記3級は評価される?

上記では簿記3級はあまり評価されることはないと記載していました。

新卒の場合は、社会人経験がある人と比べると当然働いていないので、簿記3級でなんとかアピールしたいところですね。

簿記3級まで取得しているなら現在簿記2級以上を勉強中です。といったり税理士、公認会計士を目指そうとしているなら評価してもらえると思います。

税理士、公認会計士は難易度が非常に高いので簡単には合格できませんが、受ける価値がある資格試験です。

税理士は社会人から勉強すると10年以上かかって合格した人もたくさんいると思います。公認会計士は税理士と比べると社会人で勉強している人は少ないと思います。

まとめ

日商簿記検定3級は履歴書に書いても意味ないことはないです。

面接時にアピールすることができる場合があるので記入することをおすすめしますが、書き方や正式名称は間違えないように記入しましょう。

正式名称を間違えてしまうと面接でマイナスになってしまうこともあるので注意して下さい。